2008年03月29日

セカンドライフはやっぱりだめ

リンデンラボが発表した2007年12月時点での日本人アクティブユーザー数
(1週間以内にログインした人数)は、約2万9千人。同年7月の数字は
約4万5千人だったため、5カ月で1万6千人がやめたことになる。
実際、日本人街を歩いてみても、他のプレイヤーと出会うことが少なくなった。
ゴーストタウン化した街もある。

この原因のひとつとして、『セカンドライフ』におけるビジネスモデルの崩壊が考えられる。
『セカンドライフ』は、店舗での対面販売を仮想空間内で再現できることから、楽天やアマゾン
などで知られるオンラインショップの進化形として期待され、大手企業が参入するたびに
大きく報道された。また『セカンドライフ』に進出することで、新聞や雑誌に取り上げられる
宣伝効果を期待する企業も多かった。

しかし実際は、ユーザーが『セカンドライフ』を楽しむには敷居が高かった。
『セカンドライフ』をスムーズに操作するには高性能PCが必要で、追加投資を
余儀なくされたユーザーも多い。初期設定や操作方法もPC初心者には難解だった。

その結果、『セカンドライフ』内の日本人街が閑散とし、店舗をみても店員も客もいないという状況が
目立つようになったり「過疎化が進む『セカンドライフ』は短命に終わる」という報道が増えている。

昨年5月から『セカンドライフ』に仮想店舗を設置したセシールは、今も店頭に店員をおき、
キャンプ(一定時間その場所にいると報酬を受け取ることができる、アルバイトのようなシステム)を
設置している。とくにキャンプは、15分間モデルとしてステージに立つだけで10L$
(リンデンドル:『セカンドライフ』内で使われる通貨の単位)という報酬が発生することから
人気スポットとなり、常に一定のユーザーを集客することに成功している。

セシールに10カ月間運用した上での手応えについて尋ねてみると、
「ある程度の話題作りにはなった。しかし、今後の予定は具体的に決まっていない」とのこと。
特に目覚しい効果があったという訳ではなさそうだ。

続き:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000002-nkbp_tren-inet


(アフィブログコメント)
過剰に宣伝しても問題があれば効果は上がらない。
駄目なものは何をやっても駄目という当たり前の結論が導き出されたわけだ。

実はちょっとしたコメントとかトラックバックとかでこのブログへのリンクを増やしているんだが、徐々に訪問者は増えてるものの、やっぱり劇的には増えないもんだ。
というわけなんで、適当に読者を増やしていくしかない。
いまのところチロルチョコが買えないのでまあ失敗すると考えて適当にやるしかない。
posted by conquest at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のらみみ 2期決定

【のらみみ】
2期制作決定しました!
皆さまのご愛顧あってのことでございます。
本当にありがとうございます。
もうすぐ東京では1期の最終回、ほろりと泣かせることでしょう。
ウタエモンもパソコンの前で、既に今から泣きそうです…!

今度とも、ひとつ宜しくお願いいたします!
(アニメフェアもお待ちしております)

ウタエモン拝

のらみみ
http://blog.hicbc.com/blog/noramimi/archives/2008/03/29/005058.php
http://noramimi-anime.jp/index.htm


(アフィブログコメント)
やはりとは思っていたけどな。
今度はぜひとも深夜以外でお願いしますというか地方でも流せよコラ。
posted by conquest at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 興味がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハヤテのごとく2期やるんだって

4月2日発売予定の18号で発表、だそうです。
3月30日のアニメ最終話でも発表するとかしないとか。

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1206784597/


(アフィブログコメント)
絶対やるとは思ってたけどな。今度は深夜48時以降だろうとは思う。
本当は画像も転載したいけどサンデーはヤバすぎるので止めとく。
posted by conquest at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋葉原系統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書店のターゲットは女性へ。

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200803280033a1.jpg

東京都心の書店で、女性客を主要ターゲットにした動きが活発になっている。
働く女性向けをうたった店舗が開業したほか、従来の店舗も女性に対応してリニューアルするなど、
購買力の高い女性への絞り込みが進む。

ビジネス街・有楽町周辺の女性にライフスタイルを提案するのは
「TSUTAYA BOOK STORE 有楽町マルイ」(東京都千代田区)。昨年10月にオープン。
百貨店「マルイ」の客層を意識し、主に20代後半から30代前半の女性に狙いをつけた。

人気のある旅行関連本やエッセーなどを充実させ、同年代の女性スタッフが選ぶ雑貨など
品ぞろえにこだわりを見せる。書籍棚のジャンル分けも「20代」「30代」「モテ本」「負け犬」など独自のものにした。

隣の「スターバックスコーヒー」と空間を融合させ、コーヒー片手に本を選んでも構わない。
「本を選ぶ時間をとにかく楽しいものに」と同店。

銀座の老舗書店「教文館」(東京都中央区)も今年3月、改装オープン。銀座通りに面した
入り口を拡張、店内をダウンライトでより明るくし、企画紹介コーナーも設置した。
いずれも女性を意識して、親しみやすさに配慮を重ねた。改装後は児童書コーナーに、
平日午前に訪れる女性客が増えたという。

「ブランドショップの進出が相次ぎ、銀座の人の流れが変わった。ターゲットがビジネスマン
から女性になるのも自然」と、同社の新保拓也取締役は話す。

出版業界に詳しい専門紙「文化通信」の星野渉さんは「ベストセラーになった自己啓発本や
ケータイ小説の読者はほとんどが女性だから」と、ニーズの高さを指摘している。

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200803280033a.nwc


2 名前: へー


(アフィブログコメント)
女性向けってそんなに儲かるんだろうか。
ブランド戦略に弱い人が多いのかな?
posted by conquest at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。